子ども読書活動推進計画の取り組みの中には、学校連携・児童館連携・保育園連携など、他機関と連携して取り組む事業が数多くあります。このページでは事例を写真とあわせて紹介します。

学校連携事業として、中央図書館の司書を市内小中学校へ派遣し、調べ学習用の図書準備、読み聞かせやブックトーク、読書相談、学校図書館の購入図書の選定などを行っています。
小学校での読み聞かせ

小学校での読み聞かせ(北小)

子どもが図書館に訪れる機会を増やすため、小学生を対象に中央図書館で施設見学イベントなどを行っています。
なつやすみ図書館たんけん隊

「なつやすみ図書館たんけん隊」 (中央図書館)

PTA図書ボランティア勉強会で、中央図書館司書による集団での絵本の読み聞かせの技術、絵本についての講話を学校連携事業の一環として実施しました。
PTA図書ボランティア勉強会

PTA図書ボランティア勉強会(南小)

児童館連携の一環として、中央図書館の司書が児童館図書室をリニューアルし、中央図書館から児童館図書室へまとまった冊数を貸出しています。

児童館図書室の様子

児童館図書室の様子 (青少年児童センター)

保育園連携の一環として、保育園での読み聞かせ用に、中央図書館の司書が選定した乳幼児向け絵本を貸出しています。
中央図書館の「あかちゃんえほんのリスト」から貸出

中央図書館の「あかちゃんえほんのリスト」から貸出